特徴

タイで生まれたプエラリアの歴史とは

タイで古くから利用されてきたプエラリアですが、1930年代ごろから文献でも注目されるようになり、研究がすすめられてきました。
その後、論文などでその効果が発表されるようになり、日本でもサプリメントとして多くの方に活用されるようになりました。

プエラリア現地のタイ

プエラリアは、タイで昔から食されていたもので、当時から美容効果を期待されていました。
タイには様々な種類があり、美容効果などを得られるものはたった1種類とされていたものの、1950年にタイの大学教授より判別されました。
ただ、プエラリアはタイの地域に自生する植物なため、栽培が行えなかったため、地域では貴重な植物だったのです。
それに対して日本では栽培が上手く行っているため、輸入品に限らず手に入れる事が可能です。

1960年代に効果が発表

1950年代にプエラリアの効果が研究され、1960年代に入ってイギリスの雑誌でプエラリアの効果が発表されました。
そして需要が高まって世界各国で、美容目的で使われるようになりました。
自然に自生する植物からでしか栽培できないという難点があり、需要と供給のバランスが崩壊してきています。
そして絶滅の可能性もあるとして、タイ政府は1999年に保護指定にし、輸出が禁止となりました。
その効果が認められたからこそ、絶滅の危機になったと言えます。

その後世界的にも知られるようになる

現在、プエラリアは多くの方にサプリメントとして飲まれるようになり、一般的にも知られるようになりました。
日本には1960年代に初めて、輸入されるようになりました。
その後2006年に、日本で栽培法の特許が出願されています。
その効果が知られるようになり、美肌、バストアップなどのサプリメントとして、現在も多くの方に利用されています。

古くからタイで利用されてきた歴史があり、20世紀に入り研究も活発になり、その効果が注目されるようになりました。
現在は、飲みやすいサプリメントしてバストアップや美肌効果が高いとされており、多くの女性の方に利用されています。