特徴

プエラリアを避けるべき期間

プエラリアを摂取しない方がよい期間としては生理期間中や、妊娠期間などがあります。
普段よりも体調の変化が敏感な時には、体内の栄養分が扶桑してしまい、体のバランスを崩すことにつながるため、十分に注意しておくと良いでしょう。

プエラリアを飲まない方が良い時期

プエラリアは女性ホルモンの分泌に変化を与えるもののため、出来る限り生理中はもちろん、生理が始める1週間前ほどの期間からは摂取しないのが望ましいと言えます。
この期間中に摂取してしまうと、生理不順を起こしてしまったり、不正出血や体調を崩してしまったりする原因になります。
プエラリアをより安全に飲んで行く為には、女性にとって不安定な時期は避けて、副作用を起こさない様に注意しましょう。

妊娠や授乳中の摂取は避けるべき

プエラリアは女性ホルモンを活発化させ、バストアップに繋がります。
そしてイソフラボンは非常に高い美容効果も期待することができる女性にとって力強い味方であると言えます。
ホルモンに作用する成分である為、妊娠中や授乳中の摂取は避けるのが基本です。
これは、母乳や胎盤を通じ、赤ちゃんへ成分が移行する為です。
ホルモンの影響を受けてしまう可能性もあります。
妊娠中や授乳期間後には再び摂取できるようになります。

定められた量を厳守することがポイント

よくサプリメントや薬などでも、多く飲んだ方が効果が高い、と思ってしまう方もいます。
しかし、これは大変な危険なことです。
医学的にはオーバードーズと言い、薬の大量服用は予想以上の副作用を引き起こすことができます。
どんなに良いものもでも、決められた量を守り、少しでも違和感があった場合、早期に医師に相談するようにしてください。

妊娠中や生理期間中などはプエラリアを飲まない方がよい時期になりますので、よく御自身の体調管理をしてください。
また、多く飲みすぎるような場合には、逆に健康に悪影響を与えてしまう可能性もありますから、十分に注意してください。